理想の結婚式のためのブライダルエステプランを探せ!

理想のウェディングのために、ブライダルエステを受ける方は多く今や、花嫁の常識になってきています。ですが、通い始める期間にはばらつきがあります。しっかりと準備をするなら、少なくとも挙式の3ヶ月前からサロンに通いましょう!

オリジナルな引き出物

来る予定だったゲストの中には、突然予定が入ってしまって結婚式に来る事ができなくなってしまうという事も考えられます。その連絡を受けると、そのままにしておかないで、すぐに結婚式場に連絡する様にしたいですね。

直前になると引き出物の事だけではなく、用意しておかないといけない事はたくさんあるかと思います。

引き出物とお料理の数が変更になります。招待状を出しても、返事が遅れたりする事もあるかと思いますので、ゲストの数を把握したいのであれば、少し早めに招待状を出すなどしておいた方がいいかもしれませんね。

準備期間がどの位あるのか、という事によっても違ってくるかと思いますが、時間がない場合には、短期間の間にいろんな事をしないといけませんね。

結婚式場で配る引き出物とは違う内祝い

よく結婚式場で配る引き出物と内祝いについて混乱してしまう人もいるみたいですね。しかし、結婚式場で配る引き出物と内祝いは異なる事ですので自分達が結婚する予定があるならしっかりと把握しておきたいですね。

引き出物は挙式に参加してくれた人へのお土産の様な存在と言えるでしょう。そして、お祝いをもらった人などにお礼として配る物が内祝いです。

内祝いは挙式に来る事ができなくなってしまった人などにも配る事があります。これらは熨斗を利用する際などに違いがありますので、間違わない様にしたいですね。

内祝いと引き出物は食器類や日用品など、場合によっては同じ様な物が贈られる事もある様です。

本当にゲストに喜んでもらえる引き出物とは?

冠婚葬祭の時に悩むものの一つとして、引き出物があげられます。

引き出物は、全員に同じものを渡す場合もありますが、包んだ金額によって変える必要がある時もあります。しかしながら、全員に平等であるかのように見える包みであることも重要視すべきですので、ゲストに好まれるものを見付けるのは容易ではないと考える人が多いです。

そのような中で、好まれている引き出物が、カタログから商品やサービスを選択できるものです。幅広い分野と、価格帯で展開しているため、個々の好むものが何かしら見つかるという点で、ゲストに好評を得ることが多いのです。

引き出物に写真を入れるのは喜ばれる?

結婚式に出席すると引き出物をお土産としていただきますが、ゲストのことを考えて普段使い出来るような記念品が最近の引き出物では人気です。2人のイニシャル入りのものや写真入りの記念品は新郎新婦にとっては記念になりますが、知人や友人にとっては、普段使いをし難いので、あまり喜ばれることが少ないでしょう。

ただ、当日新郎新婦とゲストと一緒に撮った写真やゲストが写っているものは喜ばれますので、ポラロイドなどで撮影し、その場で渡せるものだと歓迎されると思います。また、後日、インターネットを介して画像データをアップして渡したりするのも喜ばれます。やはり、プロのカメラマンに撮ってもらうものはゲストも綺麗に写っているので気になっている方が多く、会場にもお問い合わせがある場合もあるそうです。

引き出物でカタログを選ぶ時の注意点

結婚式の引き出物として最近人気があるのが、カタログギフトです。お客様が自由にカタログの中から好きなものを選べるという点で、自分の好みに合った品物を探せるメリットがあります。しかし、カタログギフトなら何でも良いかというと、そうではありません。

カタログギフトの中には、あまり品ぞろえの良くないものもあります。特に、元々の値段が安いカタログの場合は、そこに掲載されている品物は、既にお客様はほとんど持っているという場合も少なくありません。せっかく2人の結婚式の記念となる引き出物ですので、カタログギフトは品ぞろえの良いものを選ぶようにしましょう。

結婚披露宴で用意する引き出物

結婚披露宴では、招待客に来てもらったお礼の品として引き出物を用意することになります。結婚披露宴の席は指定席となっており、その人に渡したい品を紙袋に入れてあらかじめ席に置いておくものであり、手渡しがされることがありません。

人によって中身を変えることができるので、親せきや上司ではご祝儀が多めに包まれることを想定して値段の良いものを選ぶ必要があります。引き出物は地域性もあるので、両親や祖父母、親せきの人とも相談してアイテムを決めなければなりません。紙袋には、引菓子や縁起物などが入れられることもあります。

結婚式の引き出物についてのコラム