理想の結婚式のためのブライダルエステプランを探せ!

理想のウェディングのために、ブライダルエステを受ける方は多く今や、花嫁の常識になってきています。ですが、通い始める期間にはばらつきがあります。しっかりと準備をするなら、少なくとも挙式の3ヶ月前からサロンに通いましょう!

結婚式の引き出物を選ぶ

結婚式の引き出物を選ぶときは楽しい時間とは限りません。

仕事関係や友人知人など多くの人の目に触れるものですし、おかしな物は贈れないとプレッシャーもかかります。それでなくても結婚準備は手が掛かるものです。

なるべくなら手間をかけずに、良いものを贈りたいものでしょう。そこで便利なのが引き出物のカタログギフトサービスです。宅配や郵送などの手間も要らずに引き出物の準備が完了します。

ネットからの注文もできるところがほとんどです。これを利用することで時間も負担も減らせて本当に大事なことに集中できることでしょう。

引き出物の予算について

引き出物はご祝儀を包んで披露宴に参加してくれた方への新郎新婦からのお礼の品です。ご祝儀の額は立場によって違うことが多いので、引き出物もそれに見合うように予算を立てることが大切です。

親せきなどは5~10万円包んでくれることが多いので、総額で一万円くらいのものをお返しします。上司は3~5万円が多いですが、関係上1万円くらいのお返しが妥当です。

また、友人などは2~3万円なので、5千円くらいの引き出物にします。このように3グループくらいにわけて内容を変えてお返しすることが良いです。食べ物と品物合計で2,3品とするのが一般的です。

引き出物に食器は避けるべき?

引き出物の定番の食器ですが、荷物になってしまったり、既に持っている方が多いため、迷惑なのではと考える方も多いはずです。

しかし、引き出物の食器も工夫することで、とても喜ばれる贈り物になります。例えば、ゲストによって種類を買えるのも、とても喜ばれることです。

ゲストによって、種類を変えることで、そのゲストをいかに思いやっているかを感じさせることができます。また、重すぎない使い勝手のいい引き出物を選ぶのも、ゲストへの気配りを感じさせられます。

結婚式だからといって、二人の思い出を渡すのではなく、時間を割いてきてくれたゲストのことを思いやった引き出物ならば、とても喜ばれるでしょう。

引き出物の注文はいつごろ行うべき?

結婚式を行う事が決まると、引き出物の準備を始めなければなりません。最近はたくさんの品物が引き出物として扱われるようになったので渡す相手の事を考えながらたくさんの品物の中から選ぶ事ができます。

品物の種類が豊富になったので、注文をする時期も多様化しています。準備する品物の種類や必要な量にもよりますが、出来るだけ早めに注文しておくようにしましょう。業者との間でトラブルが発生しても早めに準備をしておけば結婚式に間に合う確率が高くなります。引き出物以外の準備も大変ですが、出来るだけ早めに行動することを心がけましょう。

引き出物には2人の名前を書かないほうが無難です

引き出物は会場に用意されている品物から選ぶ場合と、外部に注文する場合とがあります。外から搬入するときは持ち込み料を請求されることがありますので、事前に確認しておいてください。いずれの場合も表書きは寿として両家の姓を書きますが、2人の名前を入れることもあります。

なおレストランなどでカジュアルな披露宴を行うときは熨斗紙はやめて、リボンを結んでカードを添えたりします。品物に直接2人の名前を入れたりすると実際には使いにくくなってしまいますので、避けておくほうが無難です。持ち運びには以前は風呂敷を用意したものですが、最近は紙袋が一般的になっています。

引き出物の人気について

引き出物は結婚式に出席してくれた方への感謝の気持ちを込めた品物のことです。結婚式には性別や年代、環境が違う方々が出席するのでゲストの方皆さんに適した品物を選ぶのはとても大変なことです。逆に迷惑になってしまうこともあることから、近年ではカタログギフトの人気が高まっています。

これはカタログに掲載されている品物をそれぞれ自分で選ぶことが出来ることで、その人が欲しいものが選べる良さがあることで好評なのです。食品やブランド小物、ベビー用品や温泉チケットなどその種類は多岐にわたっていることで、選ぶ楽しみもあります。また持ち帰る時に重くてかさばるということがないこともゲストへの配慮です。

結婚式の引き出物についてのコラム